仕事柄、パソコンの操作対応は切っても切り離せないのですが、その中でもよくあるお問い合わせを書きたいと思います。

特に年配や初心者の方に多いのですが、「ファイル拡張子の関連付け」についてです。

 

アプリケーションのインストールをした際に、半強制的に拡張子の関連付けが変更されてしまうことがあります。

変更されても業務に支障がなければ良いのですが、操作性が変わってしまうので使いにくいですよね。

そこで関連付けの変更の方法を書きたいと思います。

ちなみにWindows10です。

 

<目次>

 方法1.コントロールパネルから変更する方法

 方法2.ファイルから変更する方法

 

<方法1.コントロールパネルから変更>

①スタートメニュー⇒設定⇒システムをクリックする。

 

②規定のアプリ⇒ファイルの種類ごとに規定のアプリを選ぶ

 

③スクロールバーを使用し、変更したいファイルの種類を探す。

(図の例では、.pdfファイル)

右横にあるアプリケーション名をクリックし、変更したいアプリケーションを選択します。

(図の例では、Adobe Readerを選択)

 

 

<方法2.ファイルから変更>

①該当のファイルを右クリック⇒プログラムから開く⇒別のプログラムを選択

 

②変更したいアプリケーションをクリックし、常にこのアプリを使って○○○ファイルを開くにチェックを入れる

OKボタンをクリックする。

※もしこの中に該当するアプリケーションがない場合は「その他のアプリ」をクリックすることで、他のアプリケーションが表示されます。

 

方法1は該当する形式のファイルが目の前にない場合に変更する方法です。

該当ファイルがすぐ見つかるのであれば方法2の方が早く変更出来ます。

Windows10の操作は、私もまだまだ使い慣れないことが多いので、引き続き経験したことは記録していきたいと思います。