Windows10にはローカルアカウントでログインする方法と、マイクロソフトアカウントでログインする方法があります。

みなさんは、その違いについて分かりますか?

その違いを簡単に記載しました。

また設定変更の方法もご紹介致します。

 

<目次>

1.ローカルアカウントとは

2.マイクロソフトアカウントとは

3.ローカルアカウントからマイクロソフトアカウントに変更する手順

4.マイクロソフトアカウントからローカルアカウントに変更する手順

 

ローカルアカウントとは

パソコンの中にアカウント情報を保管します。

もちろんパソコンが変わってしまうとアカウント情報が変わります。

ユーザIDや、パスワードを変更することで、そのPC内部のアカウント情報が書き変わります。

マイクロソフト製品のアカウント認証は、それぞれのソフトウェアで行う必要があります。

 

マイクロソフトアカウントとは

マイクロソフトのサーバーにアカウント情報を保管する方法です。

パソコンが変わっても同じマイクロソフトアカウントを使用すれば、ログインが可能です。

また、マイクロソフトアカウントでログインすれば、さまざまなマイクロソフト製品(ONE DRIVEやメール)を共通のアカウントで利用することが出来ます。それにより、各ソフトウェア単位でのアカウント認証が不要になるというメリットがあります。

 

ローカルアカウントからマイクロソフトアカウントに変更する手順

※この作業は予めMicrosoftアカウントを作成しておく必要があります。未作成の場合は新規取得して下さい。

①スタートメニュー⇒設定をクリックする。

 

②「アカウント」をクリックする。

 

③「ユーザーの情報」⇒「Mirocoft アカウントでのサインインに切り替える」をクリックする。

 

④Microsoft アカウントのメールアドレス(または電話番号・Skype)を入力する。

 

⑤「パスワードの入力」画面になるので、Microsoft アカウントのパスワードを入力する。

 

⑥「Microsoft アカウントを使用してこのコンピューターにサインインする」の画面になる。

「現在のWindowsパスワード」欄に現在のローカルパスワードを入力する。

 

⑦「パスワードの代わりにWindows Helloを使用します」の画面になる。

今回はスキップするので「この手順をスキップする」のボタンをクリックする。

 

⑧管理者が「XXX@XXX.XX」に変更されたことを確認する。

 

これでMicrosoftアカウントに切り替わりました。

この後パソコンの再起動を行うと、Microsoftアカウントでの入力が必要となりますので、⑤で入力したパスワードを忘れないようにして下さい。

私は、このパスワードを記憶していないまま再起動を行ってしまい、パスワードのリセットを行いました(´Д`;)

 

マイクロソフトアカウントからローカルアカウントに変更する手順

①「ユーザーの情報」をクリックし、「ローカルアカウントでのサインインに切り替える」をクリックする。

 

②「ローカルアカウントへの切り替え」画面になるので、「ユーザー名」「パスワード」「パスワードの確認入力」「パスワードのヒント」を入力する。※全項目必須入力項目

「次へ」ボタンをクリックする。

 

③現在設定されている「Microsoftアカウントのパスワード」を入力する。「次へ」をクリックする。

 

④「サインアウトと完了」をクリックする。再ログインする際に先ほど設定したローカルパスワードを入力して、サインインする。

 

以上で完了となります。

ローカルアカウントとマイクロソフトアカウントは、どちらかが良いというわけではなく、環境によって正しい選択することで非常に便利になります。

一度、今お使いの環境を再確認してみては如何でしょうか?