みなさんは、ファイルの拡張子は表示させて使用していますか?それとも非表示のまま使用していますか?

ファイルの拡張子が表示されていると、そのファイルがどのアプリケーションで起動するようになっているかの確認が出来ますので、便利です。

 

そこで、拡張子を表示する方法をご紹介します。

やり方は、2パターンありますので、両方ご紹介します。

ちなみにWindows10では、対応するアプリケーションがインストールされていない場合は、拡張子が表示されるようになっております。

また、対応するアプリケーションがインストールされている場合は、拡張子は非表示になります。

 

<目次>

 1.拡張子を表示する方法 その1

 2.拡張子を表示する方法 その2

 

<拡張子を表示する方法 その1>

①フォルダを開き、「表示」ボタンをクリックする。

 

②「ファイル名拡張子」にチェックを付ける。

 

③ファイル名に拡張子が表示されたことを確認します。

 

<拡張子を表示する方法 その2>

①フォルダを開き、「表示」ボタンをクリックする。

 

②「オプション」をクリックする。

 

③フォルダーオプション画面が開きます。

「表示タブ」をクリック⇒「登録されている拡張子は表示しない」にチェックを入れる⇒「OK」ボタンをクリックする。

 

④ファイル名の拡張子が表示されていることを確認します。

 

2種類のやり方は、便利な方を覚えてください。