多くの方が家庭で無線LANを使っていると思います。

ただ、親機から離れた場所は電波が弱くなり、接続状況が良くないことがあります。

そこで中継機を設定してみましたので、その設定方法をご紹介したいと思います。

 

<使用する機種>

・親機:Buffalo AirStation WZR-1166DHP2(既に使用中)

・中継機:Buffalo AirStation WHR-1166DHP3(増設)

 

<設定手順概要>

・中継機とパソコンをLANで接続し、IPアドレスを確認する。

・中継機のコンソール画面から、WDS設定をする。

・中継機を設置し、端末などで接続確認をする。

 

<設定手順>

①中継機の背面のスイッチをBriage(ブリッジ)に変更する。中継機とパソコンをLANケーブルで接続し、電源を入れる。

 

②エアステーション設定ツールをダウンロードし、エアステーション設定ツールを起動します。

↓からダウンロード可能です。

<http://buffalo.jp/download/driver/lan/airset.html>

ソフトを起動させ、次へボタンをクリックする。

③中継機のIPアドレスを確認する。(親機が繋がっている場合は間違えないようにして下さい)

 

④ウェブブラウザのURL入力欄に、確認した中継機のIPアドレスを入力し、ユーザ名・パスワードを入力する。

(ネットワークの構成によっては閲覧できない場合があります。)

 

⑤詳細設定ボタンをクリックする。

 

⑥無線設定⇒WDSを開き、以下の設定にする。

リピーター機能(WDS)を使用するにチェックを入れる。

接続方法を手動設定に変更する。

検索ボタンをクリックする。

 

⑦該当する親機のSSIDを確認し、チェックをいれ、選択ボタンをクリックする。

 

⑧認証方式・暗号化方式・暗号化キーを入力する。

<認証方式>

※「認証をおこなわない」⇒セキュリティレベルが非常に低いので選ばないようにしましょう

※「WPA-PSK」と「WPA2-PSK」⇒暗号方式の違いがありますが、WPA2-PSKの方が高度な暗号化手法とされています。

 

⑨設定ボタンをクリックする。同様に5GHz帯にも設定をする。

 

⑩中継機を該当場所に設置して、電源を入れる。

 

⑪必要であれば、電波状況を確認する。

以下の電波状況測定では、改善されていることがわかります。

今はスマートフォンで電波測定アプリが無料でダウンロード出来ますので、一度ご確認してみて下さい。

 

↓中継機導入前

↓中継機導入後

無線LANは環境次第で安定したり、不安定になったりします。

親機との距離が離れていたり、壁が多かったりドアが多かったりする場合は不安定になりがちです。

また、中継機を設置したからと言って必ず電波状況が改善するとは限りません。

 

その環境に沿って導入するようにしましょう。