みなさんAEDって使ったことありますか?

私は使ったことはないのですが、最新のAEDを見る機会があったのでAEDについて少し記載します。

 

AED(自動体外式除細動器)とは・・・

心臓が痙攣し、血液がうまく送れなくなる症状の時に電気ショックを与えることで、救命する装置です。

最近テレビ番組の「林先生が驚く初耳学!」では、心臓を止める機械として問題が出されていました。

心臓が痙攣し、AEDを使用し一旦心臓を止めます、その後、再び正しい規則で心臓が動き始めるという回答がされていました。

 

心臓突然死は、いつでも誰にでも起こる可能性があります。

日本で病院外の心臓突然死は、年間7万人と言われているそうで、そのほとんどが「心室細動」です。

「心室細動」は、心臓が痙攣をおこし、身体に血液が送れなくなる症状です。

AEDを正しく使用することで、人命救助が出来ます。

 

救急車が到着するまで平均しておよそ8分です。

しかし救急車が到着してから電気ショックをすると成功率が20%まで下がってしまうようです。

いかにAEDが大事かというのを再認識させられました。

 

 

最新のAEDについて

最近のAEDは、音声ガイドに加えて液晶画面にイラスト表示もしてくれるんですね。

イラスト・音声・メッセージで非常に分かり易くなっています。

 

そして私は知らなかったのですが、AEDってバッテリ駆動のため、日が経つとバッテリ交換が必要なんです!

当然と言われればそうなんですが・・・。

そのバッテリ管理体制ですが、最近はリモート監視をして個々のAEDの状態を管理をしているのです。

パッド・バッテリの消耗品が確実に使用できるのかという情報を遠隔で情報発信をしています!

なので、AEDって使う時には間違いなく使えるようになっています。

 

一度試しに触っておくことをオススメします。

家族や身内でイザというとき、迅速に動けるでしょう。

 

 

AEDってどこに置いてあるの? 携帯アプリをインストールしておこう

AEDってどこにおいてあるか知っていますか?

少なくとも家の近所や、職場の周辺などの活動付近は予め調べておいたほうが良いです。

 

最近は、無料の携帯アプリで手軽に調べることが出来ます。

アプリ検索するとすぐ出てきます。

そのアプリで周辺情報を確認すると、学校や駅・銀行などの企業なんかに設置してあることが多いです。

一番早く入手することが出来る場所を確認しておきましょう。