ぼちぼち簿記3級の勉強をしています。

経理関係の仕事ではないですが、社会人の業務をやっていると、知っているワードがよく出てきますね。

自己復習を兼ねて覚書しておきます。

 

①貸借対照表

現在、どれくらいの財産を所有しているか、またどれくらいの負債があるかを明確にする報告書

3項目存在する。

・資産・・・増えたら嬉しいもの。借方に属する、プラスの場合は資産が増える。

現金や商品、貸付金があてはまる。

・負債・・・後で返すもの。貸方に属する、マイナスの場合は負債が増える。

借入金などがあてはまる。

・純資産・・・貸方に属する、元手となる資金(資本金)などがあてはまる。

 

 

②損益計算書

1年間でどれだけ利益がでているか、またはどれだけ損失をだしてしまったかを明確にする報告書

2項目存在する。

 

・費用・・・給料や宣伝費などの経費的な内容があてはまる。

・収益・・・商品などを売った際に発生する手数料などがあてはまる。

 

 

③当期純利益

収益の合計と、費用の合計の差額。1年間の純粋な儲けのこと。

 

 

④簿記上の取引

資産・負債・純資産・収益・費用のどれかで金額の増減が発生した場合は、記録しなければならない。

 

 

⑤仕訳帳

取引が発生した場合は、仕訳帳という帳簿に仕分けをする。その後、総勘定元帳に転記する。

取引都度これを繰り返し、1年後の期末になったら、総勘定元帳を元に貸借対照表と損益計算書を作成する。

 

 

⑥仕分方法

取引の内容は2つに分けられる(何かが増えると何かが減る)。増減した内容をそれぞれの項目に当てはめる。

例:えんぴつを仕入れると商品が増え、現金が減る。

商品⇒増えた⇒借方⇒資産増

現金⇒減った⇒貸方⇒負債増

 

 

⑦仕分後は転記する

仕分帳に仕分内容を書いたら、総勘定元帳に転記します。

仕訳帳に書いた内容をそのまま書き写す。

フォーマットはT字のものに転記

 

仕分帳・転記については、ひたすら問題集をやったほうがよさそうです。